入居がしやすい敷礼ゼロの物件の特徴を考えよう

笑い顔

入居時の費用は減らせます

スーツ

入居者確保を急いでいます

不動産が高額で取引されている日本では、賃貸住宅が広く利用されています。賃貸住宅は居住期間中に家賃を支払らえば住み続けられるので、格段に割安な住居だからです。ただし、入居するためには、様々な費用負担が伴います。代表的な費用が敷金と礼金で、家賃の数ヶ月分をまとめて支払う必要があります。そのため、決して軽い経済的な負担ではありません。一方で、最近は敷礼ゼロの賃貸住宅が、数多く紹介されています。敷礼ゼロになっている理由は、入居希望者を増やして家賃収入を迅速に確保するためです。つまり、敷金や礼金よりも安定した入居需要を重視している投資物件で、採用されていることが一般的です。入居者の負担を軽くして、円滑に契約が進むようにしています。

契約内容に注意です

不動産取引に関わる様々な法律が施行されていますが、敷金や礼金に関する法的な根拠は明確にある訳ではありません。慣習的に古くから行われていた制度が、現在も続いているのです。したがって、伝統的に不動産取引を行っている賃貸経営者は、敷礼ゼロの物件を接居的には扱っていません。安心できる入居者の判断材料として、敷金と礼金が必要だからです。したがって、敷礼ゼロの賃貸物件は、比較的入居を簡単に行えます。ただし、経営者は家賃収入に主眼を置いて貸しているので、家賃の支払いが滞ることを敬遠します。つまり、滞納があれば、速やかな退去を迫られる可能性があります。入居契約の際には必ず明記されているので、十分に確認する必要があります。

お得に物件の契約を

家

学生の街京都では、4月の入学前には賃貸物件の契約が非常に多くなります。学生はもちろん、引越しを考えている方は、出来るだけ早く物件調査を始めることを進めします。また、契約時には、交渉次第で経費を大きく削ることが出来る場合もありますので、1度は経費の交渉をしてみてください。

詳細を読む

マンスリーで借りられる

間取り

京都マンスリーマンションは京都に長期滞在する人にとって、役立つ賃貸物件です。1ヶ月以上滞在することが決まっていて、かつ短期の滞在であれば普通のマンションよりもマンスリーマンションの方が手続きなども簡単です。

詳細を読む

若手会社員の住まい探し

マンション

一人暮らしの若手会社員に最もふさわしい北九州市内の賃貸物件は、1DKの間取りのアパートやマンションです。家賃に加えて管理費や初期費用も考えて物件を選ぶべきであり、日常生活にも便利な場所で新居を探すのがポイントです。

詳細を読む