Greatness Security

快適な部屋に住む為には|賃貸物件で失敗しない方法を伝授

学校と提携している物件

付加価値でお得感あります

マンション

現在、大学や専門学校に通っている方や、自宅から離れている学校に通学しようと検討している人の中には、一人暮らしを夢見ている人も多いでしょう。
多くの方は初めての一人暮らしに興味があり、憧れを抱いているものです。
学校まで距離があり通学時間が長い方や、アルバイトをしていて自分で収入を得ている方は、学校近くで一人暮らしをしたいと思う方もいるでしょう。
そのような時にオススメしたい物件が、入居者を学生に限定している学生マンションです。
学生マンションは学校側と提携しているケースが多いので、不動産屋などで物件探しをする手間が省けるのが利点です。
また、他の部屋の入居者は同じ学校に通う学生さん達ですので、ご近所付き合いなども気にせず、気楽に住む事ができる点が評価されています。
学生マンションを選ぶ上で重視するべき点は色々ありますが、最も気になるのが家賃でしょう。
周辺相場と比較して学生マンションは特別安いわけではありませんが、付加価値が存在します。
例えば、女性の一人暮らしで防犯面が不安な方は、女学生でも安心して住めるように、セキュリティが高い物件を選ぶと良いでしょう。
学生マンションは学生限定の物件である事から、防犯カメラやオートロックが完備された、セキュリティが高い物件が多くあるのが特徴です。
また、現代社会に必須のインターネット接続が無料で行える物件もありますので、ネットを頻繁に使う方はこのような物件に入るとお得でしょう。

学生寮との違い

集合住宅

学生マンションとは学生専用の賃貸物件で、学生寮よりも気軽に利用できる点から人気となっています。
具体的には学生寮の場合は、門限があったり外泊に許可が必要だったりと、ルールが設けられていることが多いのです。
外出後、門限をオーバーしても戻ってこなかった場合には、保護者に連絡されることもあります。
もちろん学生の身を案じてのことですが、中にはこれを煩わしく感じる学生もいます。
そしてそのような学生から、学生マンションは注目されているのです。
学生マンションには門限はないので、ここに住む場合は夜間の外出や外泊などを自由に行うことができます。
もちろん保護者への連絡は簡単には行われないので、旅行で1週間ほど留守にするといったことも可能です。
また学生寮の場合は、1部屋を複数の人数で利用したり、浴室やトイレやキッチンなどが共同となっていたりすることがあります。
ところが学生マンションでは、ルームシェアができる物件も一部あるものの、基本的には1部屋を1人で利用できます。
そして各部屋に浴室もトイレもキッチンもあるため、いつでもこれらを利用できるのです。
このように生活の自由度が高い学生寮ですが、それでいてセキュリティは万全です。
玄関やエントランス、エレベーターなどが常に監視されているため、安全に生活できる可能性は高いと言えます。
また生活に必要となる最低限の家具家電が設置されていることも多く、その分入居時の荷物が少なめで済みます。
もちろん退去時の荷造りも容易になるので、その点も学生マンションの魅力のひとつとされています。

一般マンションとの違い

マンション

学生マンションは、学生のみに入居が許可されている特殊なマンションです。
しかし入居費用は、基本的には一般マンションと変わりません。
最初に敷金と礼金とを支払い、その後は毎月の家賃と管理費とを支払うというシステムになっているのです。
一般マンションでは敷金礼金の相場は、1年契約の場合は家賃1ヶ月分、2年契約の場合は2ヶ月分です。
そして学生マンションは、1年制の専門学校もあることから、1年契約とされていることがほとんどです。
そのため入居時には、敷金と礼金をそれぞれ家賃1ヶ月分ずつ用意しておく必要があります。
ただし礼金は、入館料という名目で請求されることもあります。
また家賃は、地域の地価や立地条件次第ですが、ワンルームまたは1Kの間取りで6〜7万円が相場です。
家具家電つきという学生マンションもあり、その場合はその分家賃が1万円ほど上乗せされています。
そして管理費は、一般マンションのものと比較するとやや高く、月々1万円が相場となっています。
これは未成年を含む学生を犯罪や不審者の手からしっかりと守るためには、ハイレベルなセキュリティ設備が必要となるからです。
具体的には学生マンションの多くにオートロックが導入されていますし、エントランスには監視カメラや管理人室が設置されているのです。
また衛生状態や安全性を保つための定期的な清掃、メンテナンスも行われています。
このように一般マンションよりも管理が充実しているため、管理費が高めに設定されているのです。
しかしだからこそ未成年でも安心して生活できるということで、学生マンションは評価されています。

大学生向けの住まい

男性

情報サイトを活用してから、不動産会社で物件を紹介してもらうのが、大学生が広島市内で住まいを探す場合のポイントです。キャンパス近くの賃貸物件も魅力的ですが、アルバイトや就職活動にも便利な、市内中心部で住まいを探すメリットも大きいです。

もっと読む

選ぶときの基準

集合住宅模型

梅田で短期または長期に渡ってお得に住めるのがマンスリーマンションです。出張、単身赴任、大学受験、リフォーム中の仮住まいなど、目的にあったマンスリーマンションを選ぶことで、より快適で経済的な生活ができます。

もっと読む

学校と提携している物件

マンション

学生マンションは学生寮とは違う為、門限や厳しいルールなどが無いのが喜ばれています。また、学校から比較的近い物件が多いので、通学が楽なのも利点でしょう。一人暮らしをお考えの学生さんや親御さんは、学生マンションも選択肢に入れて物件探しする事をオススメします。

もっと読む